平成27年以降に父母などから財産の贈与を受けた場合
タワーマンションを使った相続税の節税に関して
小規模宅地特例 家なき子特例
相続 納税者が死亡したときの確定申告
平成27年分 路線価図等
不動産賃貸経営を法人化で相続税対策
路線価のない土地では倍率方式で評価
相続放棄と限定承認 被相続人に負債がある場合
相続人になれない・・・相続の欠格と相続の廃除
土地・建物の譲渡所得に関する税金
路線価の見方と計算方法
借地権割合
相続税の連帯納付義務
土地評価に関する節税
未成年者と障害者の控除
財産目録の作り方
不動産の評価(相続税・贈与税)
農地の相続 農地の評価方法
個人事業の法人化
小規模宅地等の評価減にも申告が必要
国外資産の外国税額控除
相続財産を譲渡したときの取得費の特例
住居用財産売却の特例
著作権の評価(無体財産権)
養子と連れ子の相続について
固定資産税軽減措置(住宅用地)
遺贈
遺言執行者
遺留分の事前放棄
遺留分減殺請求 遺言書がある場合
遺言書の検認
みなし贈与
贈与税の課税
遺産分割協議書の具体的書式
貸家の評価・貸家建付地の評価
相続財産に含まれる・・・働いたことのない妻の口座に多額のへそくりがあった場合
公社債の評価額
取引相場のない株式の評価
上場株式の評価
書画・骨董品の評価の仕方
相続税申告書の提出後に申告していない財産が見つかった場合・相続税額が過少の場合
死亡した人に借金や未納税金があった場合
平成26年度 全国の財産評価基準書 路線価図 評価倍率表
相続税の課税対象になる死亡退職金・非課税となる退職手当金
相続対策に終身保険
配偶者控除(配偶者の税額軽減)制度
10年以内の相次相続控除
配偶者・子供以外の相続税額2割加算
死亡保険金の課税
相続税を多く支払った?
指定相続分と遺留分 「全財産を長男に譲る」などの遺言の場合
相続人になれないケース 相続の欠格と相続の廃除
相続する人が亡くなっていたら?
被相続人に借金がある場合
寄与分とは
遺言書作成が特に必要な場合
生命保険で相続税対策
遺留分制度
相続税の課税対象の保険金
生命保険契約に関する権利の評価
借地権の評価
広大地判定 市街地農地
広大地判定 市街地周辺農地
広大地と純農地・中間農地
広大地判定 500㎡未満だが広大地に該当するか
広大地判定 開発道路の必要性
広大地判定 戸建分譲適地 マンション適地
広大地判定 大規模工場用地
相続についてのチェックシート
相続人の範囲と法定相続分
農地の相続
相続税 借地・貸家の評価方法と問題点
法人化での相続税の節税
夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除(婚姻期間が20年以上)
被相続人の死亡保険金の請求手続
自動車の相続手続
外国籍の方の相続の場合
株式・証券の相続手続
銀行口座 相続手続
相続による土地建物の名義変更の方法
相続税・贈与税改正のポイント
相続税の最高税率を55%に、基礎控除は「3000万円+600万円×法定相続人数」
広大地の評価
贈与税:贈与税がかかる場合
贈与税の申告手続
平成26年12月国税庁平成25年分の相続税の申告の状況について
遺産分割の方法
遺産分割とは
嘆願書制度
遺言書の種類
相続対策の必要性
相続税対策 不動産
生命保険で賢く節税
公正証書遺言書
小規模宅地等の特例
相続税の仕組みの分かりやすい解説 国税庁より