相続税・相続・対策・遺言書・相談サイト

相続税申告書の提出後に申告していない財産が見つかった場合・相続税額が過少の場合

申告した財産が少なく相続税額が過少だったときは修正しなくてはなりません、通常下記のケースが主な理由です。
・申告していない財産が新たに見つかった
・財産を間違って評価した
・相続税の税額を間違った計算方法で行った
これらの場合、正しい金額に修正した申告書を再度提出することができます。税務署に「修正申告書」という用紙がありますからこれで修止申告します。
もし、過少申告したことに気が付いてそのままにしておくと、税務署は「税務調査」を行い、正しい税額を納めるよう更正処分をします。こうなると延滞税に加えて「過少申告加算税」まで支払わなければなりません。指摘される前に、自分からすすんで修正申告を行えば、不足分の税額に対する延滞税を支払うだけですみ、過少申告加算税は支払わなくてすみます。
ちなみに、申告期限内に気付いて修正申告をすれば延滞税もありません。余裕を持った準備と手続きを経て相続税の申告を行うことが大切です。