相続税・相続・対策・遺言書・相談サイト

相続放棄と限定承認 被相続人に負債がある場合

もし被相続人の負債が大きく、相続財産を上回る額になるようなら、相続を拒否することもできます。
相続財産はプラスのものだけに限らず、負の遺産もあります。財産だけ相続するという都合のいいことは認められません。財産と一緒に借金も相続しなければなりません。
財産を受けつぐかどうかの判断は、相続人に任されているのです。財産を受けつぐことを「相続承認」といい、財産の受けつぎを拒否することを「相続放棄」といいます。
相統の放棄は相続の開始を知ってから3ヵ月以内に、家庭裁判所に相続権の放棄の申し立てします。受理されたら「相続放棄申述受理証明書」を交付してもらえるので、被相続人の残した借金に対して収り立てを受けた場合に対抗できます。放棄すると、その相続人は、いなかったものとして残りの相統人で遺産を分割します。

また、被相続人が亡くなったときに財産や負債がどれくらいあるか、すぐにはわからないケースもあります。こんなときは、「限定承認」という方法もあります。相続した資産を限度として、被相統人の借金を負担するという相続の認証です。この場合は清算したあとに負債が残っていても支払う義務はありません。
限定承認も、相続開始3ヵ月以内に手続きをしなければなりません。しかも、相続人全員一致して家庭裁判所に申し立てしないと認められません。
相続放棄したときは代襲相続はありません、。従って、被相続人の子供が相続放棄したとき、その子供、被相続人から見て孫が相続人になることはありません。

財産を相続しないだけなら、手続きは簡単です。本来もらえるものをほかの相続人に譲るわけですから「遺産分割協議書」を作って、相続人全員が署名押印すればいいのです。