相続税・相続・対策・遺言書・相談サイト

財産目録の作り方

相続財産目録には預貯金や不動産などプラスの財産はもちろんのこと、借金などのマイナス財産もすべて記入します。相続財産目録作成は、法律上の義務はありません。しかし財産が多種多様だと遺産分割協議書作成や相続手続きで混乱するために作成しておくことをお勧めします。

財産目録作成手順
・遺品の整理をし、不動産の権利書や通帳・印鑑・保険証書・各種の契約書などを調べます。
・郵便物は重要です。亡くなった前後に送られてくる銀行、証券会社、保険会社などからの書類によって財産の有無が判明したり、債権者・債務者から請求書等により借金の存在が分かったりします。
・相続人や関係者への聞取りによって財産を特定します。相続財産に関する情報を出し合います。
・各財産ごとの評価額を出し財産目録を作成します。書式は自由です。エクセルなど表計算ソフトで分かりやすく作成することをお勧めします。

各財産の種類(一例)
プラスの財産
・不動産
・不動産上の権利(借地権・借家権等・抵当権)
・動産
・有価証券類
・債権(貸付金・売掛金)
・被相続人が被保険者で受取人である生命保険

マイナスの財産
・借金・債務
・保証債務
・損害賠償債務
・公租・公課