相続税・相続・対策・遺言書・相談サイト

遺産分割とは

相続が開始して相続放棄も限定承認しないで3カ月が過ぎると、単純承認したことになり被相続人が死亡時に有していた一切の権利・義務を相続人が相続分に応じて共同相続することになります。 
この遺産を個々の財産を各相続人に分配し取得させる手続きを遺産分割 といいます。

遺言による分割  
被相続人が遺言で分割の方法を定めているときはその指定に従って分割します。

協議による分割 
遺言がない場合や、遺言から洩れている財産がある場合などには、共同相続人の間の協議を行います。相続人全員の合意があれば、必ずしも遺言による指定相続分や法定相続分に従う必要はありません。
 
調停・審判による分割
協議がまとまらないとき・協議をすることができないときは、家庭裁判所に遺産分割を請求することができます。まず調停を申し立て、調停が成立しない場合は当然に審判手続きに移行します。