相続税・相続・対策・遺言書・相談サイト

遺言書の種類

種類 自筆証書遺言
作成方法 遺言者が全文、日付け、氏名を自書し押印(認印可だが実印が望ましい)。ワープロ、テープは不可。
日付けは年月日まで記入。
場所 自由
証人 不要
署名捺印 本人
家庭裁判所の検認 必要
メリット 作成が簡単で費用がかからない。
遺言内容や遺言の存在を秘密にできる。
デメリット 改ざん、紛失のおそれがある。
様式の不備で無効になるおそれがある。
内容が不完全なことにより紛争になるおそれがある
検認手続きが必要
種類 公正証書遺言
作成方法 遺言者が口述、公証人が筆記。
印鑑証明書・身元確認の資料・相続人等の戸籍謄本、登記簿謄本などの書類が必要。
場所 公証役場
証人 2人以上
署名捺印 本人、公証人、証人
家庭裁判所の検認 不要
メリット 改ざん、紛失のおそれがない
証拠能力が高く、無効になるおそれがない。
検認手続きが不要。
デメリット 手続きが繁雑
公証人の手数料がかかる
遺言の存在と内容を秘密にできない。
種類 秘密証書遺言
作成方法 自筆証書遺言と同様に作成し、署名印と同じ印で封印。住所・氏名と本人のものに違いない旨の宣誓。
公証人が日付けと本人の遺言であることの確認を記載する。
代筆、ワープロ可。
場所 公証役場
証人 2人以上
署名捺印 本人、公証人、証人
家庭裁判所の検認 必要
メリット 改ざんのおそれがない
遺言内容を秘密にできる。
遺言の存在は公証されているので偽造のおそれが少ない。
デメリット 手続きが繁雑
公証人の手数料がかかる
遺言の内容は公証されてないので紛争になるおそれがある。
検認手続きが必要。